フェイスブックは苦手ですか?

50代で起業したいあなたを応援するエクリュです。

突然ですがあなたはフェイスブックって得意ですか?

おそらく、アラフィフあたりの方たちって
「フェイスブックは苦手」
「フェイスブックはできればやりたくない」
と答えられる方が多いかと思います。

実は私もそのひとりでした。

嫌いな理由(1)人の幸せを見るのが辛い

フェイスブックを見ると飛び込んでくるのが幸せそうな投稿の数々。
自分が落ちている時に他人がうまくいっている投稿を見るのは辛いものです。

 

嫌いな理由(2)他人の人間関係がだだ漏れ

仲良しと思ってた友達が自分抜きで楽しそうなイベントに参加していたり、自分だけまったく知らされてなかったり。
見なきゃよかった・・
そんな風に感じる方も多いのではないでしょうか?

嫌いな理由(3)誕生日のお知らせがめんどくさい

「今日は◯◯さんのお誕生日です。お祝いのメッセージを送ろう」
というようなメッセージが来ることにうんざりしませんか?

ちょっとカラミのある人には無視ってわけにもいきませんし、かといって「お誕生日おめでとうございます」以外のメッセージが思いつかない。

この誕生日設定、私はもちろん設定していません。

嫌いな理由(4)外国人からの友達申請

なぜ海外の人から友達申請がくるのか?意味がわかりません。
また知らない人からも普通に友達申請がきて承認後御礼のメッセージかと思いきやネットワークビジネスへの勧誘。
そんなことも嫌いな理由です。

嫌いな理由(5)いいねがつかないと悲しい

勇気を持って投稿したのにぜんぜん「いいね」」がつかないとなんだか悲しい。
また他の人の「いいね」がわかるので「なぜ自分はいいねをしてもらえないのか?」と思い悩んだり。
いちいち気にしないということが大切です。

 

嫌いでもSNSを使ったほうが有利

でもワードプレスだけで集客するのとSNSを使うのとでは、絶対に広がり方が違う!
というのはなんとなく理解していました。

だから時々記事を書いたときに、その記事をフェイスブックでシェアするということは仕方なく(!)やっていたんです。

もちろん、そんなやり方ではフェイスブックを使っても何も特に変化は起こりませんでした。

 

嫌いでもフェイスブックは◯◯のツールです!

この◯◯に入る言葉、わかりますか?

答えは「コニュニケーション」。

私は、この◯◯には
リア充を自慢する とか
自分のビジネスがいかにうまくいっているかを自慢する

なんて言葉が入ると思い込んでいました。

完全にひねくれてますね。

だけどもともと単純なので
コミュニケーションツール・・とわかったら

そっか〜、コミュニケーションをとる練習にもなるかも?
急にフェイスブックをやってみたい!
と意識が変わりました。

嫌いでもフェイスブックで変化が起き始めた

さっそく教えてもらったやり方で
お友達を増やす作戦にでました。

最初はもちろんドキドキです。

それから、今まで仕事のことばかりだった投稿も
プライベートなことや自分の考えていることなんかをつぶやくようにしました。

すると・・・
今までなかなか「いいね」がもらえず
閑古鳥が鳴いていた私のFBは

知らない方からも「いいね」やコメントをもらえるように。

 

フェイスブックが嫌いでも人見知り克服の練習に

私は実はすごい人見知りです。
誰とでも仲良く慣れる人ってすごく羨ましいんです。

そんな人見知りがいきなりフェイスブックで知らない人と友達になる。。
ものすごくハードルが高いですよね。

でも、人見知りだから・・・
とこのままだったら結局私の人生このままです。

少しだけ勇気を振り絞って、コミュニケーションを自分から取りに行く。

相手に自分がして欲しいことは、まずは自分からしてみる

これはフェイスブックだろうがリアルで会うのだろうが同じこと。
それだったらまずはフェイスブックで練習するのも良いですね。

 

 

本来はフェイスブックは外に飛ばすのは推奨していませんが、ワードプレスで記事を書いてもグーグルで見つけてもらうまでにどうしても時間がかかります。

そんなときはフェイスブックでシェアしましょう。
グーグル+フェイスブックでどんどん発信していくことであなたのビジネスが加速する可能性が広がりそうですね。