アラフィフ騙されない

50代起業 アラフィフ コラム

悪徳業者に騙されない方法。

更新日:

こんにちは。 50代で起業したい!アラフィフから自分サイズで始める自宅起業。エクリュです。

女がひとりで事業をしようとするといろいろと気をつけなければならないことがあります。

まず、ホームページを作るとどこからか嗅ぎつけて業者から電話がかかってきます。

これはホントに100%!

絶対にひっかからないように!

って私はお客様にお伝えします。

 

そんな引っかからないでしょ?

と思うでしょ?

 

それが起業直後の不安がいっぱいだったりするときに・・・

そ〜っと心のスキマにうま〜く言葉巧みに入ってきたりするんですよね。

 

アラフィフ女性はターゲットになりやすい?

特に私たちアラフィフではじめて起業する女性はターゲットになりやすいんです。

もし何か良さそうだな?

ってサービスがあってもまずはご主人と相談してもらって

必ず契約のときにはご主人に立ち会ってもらいましょう。

 

一般的に業者はお客さんが男性の場合と女性では態度が違います。

そうなんです。

私もいろいろと騙された経験があるので皆さんには気をつけて欲しいんです。

 

私の苦い経験からしてこのような業者には気をつけましょう。

すぐに契約書を書かせる

言葉巧みに契約書を書かせます。
「まず下書きみたいなものだから簡単にサインして」とか。
契約書はわかりにくい言葉で書いてあるので(甲とか乙とか)
なにか不明な点があればわかるまで質問しましょう。

今だけこの価格で次は倍になる

例えば「このサービスを断ったら別の方のところに話を持っていくから今日中に契約しないと二度とこんないい話はない」とか。
私はこれでやられました。
そんな高額なものが1日で簡単に決まるわけないです。
もしそれで本当に話がなくなってしまったら縁がなかったと思いましょう。

担当者が複数人で訪れる

これはあるお客様に聞いたお話ですが、てっきりお一人で来られるのかと思ったら男性がふたりで来たそうです。
営業の男性ってだけでも緊張するのにふたりで来られたら、なんだか丸め込まれてしまった。。そうです。
とにかく何もわからない・・というオーラは出さずに毅然とした態度で接しましょう。

金額のことはしっかりと

当たり前のことですが、案外金額のことって聞きにくかったりします。

特に知り合いの紹介だったり知人だったりすると「あんまりあからさまに金額を聞いちゃいけないのかな?」
なんて思ったりしませんか?

実は私も知り合いの業者にお店の内装を頼んだことがあるのですが、とっても聞きにくかったのを覚えています。

半分お友達のような関係だったのであんまりしつこく聞くと「信用してない」と思われるかも?とか。

無理せずにご主人に頼ってみる

サロンを開きたい!できれば自分だけの力で!

って思われてる方も多いかもしれません。

でも、飾りでもいいから男性がいるだけで業者の態度がぜんぜん変わります。

私も昔お店を始める時に、テキトーにやられた仕事をやり直すように何度も頼んでみましたが出来ないの一点張り。

最終的に夫に電話をしてもらったら簡単に解決しました。

悲しいけどそんなものです。

アラフィフ女性のはじめての起業。いろいろと気をつけなければならないこともありますがとにかく高額なお金を払うときはひと呼吸入れて一度冷静になることが大事ですね。

 

 

 

 

好きなことを仕事にしたい50代の方へ
今なら初めて起業して稼ぐ人のための小冊子(PDFファイル)をプレゼント!
無料メルマガはこちら
メールマガジン

-50代起業, アラフィフ, コラム
-, , , ,

Copyright© 50代起業女性向けのホームページ制作・ワードプレスレッスンならecru(エクリュ) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.