50代起業 アラフィフ サロン

セラピストを副業にするという選択

更新日:

50代で起業したいあなたを応援するエクリュです。

50代でセラピストになる人っているの?

もしかしたら20代や30代の人にはピンと来ないかもしれませんが
実はアラフィフでセラピストになる人って案外多いんです。

だいたいその方々はセラピストで食べていくというより別に仕事を持っていて、
週末だけレンタルサロンを借りたり、自宅でサロンを開くという形を取っています。

月曜日から金曜日まで働いて、その上週末セラピストのお仕事をされる・・・

私も「大変じゃないですか?」
って思わず聞いてしまったのですが

セラピストとして施術をすることが、自分のためにもなる・・
とても気持ちがいいとのこと。

たしかに・・
私も短期間ですがボディトリートメントを自宅でやっていましたが
実は施術中は至福の時間でした。

ほとんどのお客さんは途中で眠ってしまうので
静かな静かなとっておきの時間だったりするんですよね。

週末だけのセラピストという働き方

もちろんお金を稼げるといいですよね。

お金は結果としてついてくるとは思いますが
アラフィフ以降の起業は、まず自分が楽しめる・・

ということを意識してみるのもおすすめです。

もちろん、生活がかかっている方は少しばかり冒険も必要です。
お金を稼ごうと思ったらそれなりに投資は必要だと思います。

まったく投資をしないで稼いでいるって人は私は知りません。

でも、お金儲けが目標ではなく自分がやりたいから・・
自分のために起業するのであれば、副業で週末だけのセラピストとしてスタートしてはいかがでしょう。

本気なら仕事を辞めて専念したほうが良い

よっぽどの器用な人以外はパートなどの仕事をやめて起業に専念したほうがきっと結果も早く出るかと思います。

私も主婦をしながら・・とか
パートをしながら・・・とか
会社に勤めながら・・・

ずっとずっと副業でした。

逃げ場があるからたいして頑張らないんです。
その結果は・・・
お小遣い程度の収入でした。

でも会社を辞めて(しかもそのときはシングルマザーでした)
やむなくこのお仕事一本に専念したら、最初はとても大変でしたが
そのうちフツーの会社員よりは多い収入を得ることが出来るようになりました。

自宅をサロンにするという選択

これはいろんな事情があるのでみんなが出来るわけではありませんが
最初からどこかでサロンを借りるとなると当然ですが、かなりリスクがあります。

じゃあ、自宅をサロンにしちゃえば良いですよね。

でも、サロン部屋がないんです・・・

って方もいるかも知れません。

私も自宅の1室でアロママッサージのお仕事をしていたときは
もうホントにひどいもんで・・・

小さな3LDKのマンションに4人で住んでいたので
もちろんサロン部屋なんてありません。

リビングの隣の和室に仕事のときだけベッドを置いて・・・
婚礼ダンスもあったのでそれはなんとか布で隠して・・・

(当時の写真をアメブロから引っ張ってきました)

やろうと思ったらなんとか知恵を絞り出してやれるものです。

ちなみに当時私は40代半ばでした。
今思うとまったく問題なかったと思いますが・・・

当時は40を超えて起業?

って時代でした。

私のまわりもみ〜んな私より年下の人ばかり。
当時、こんな時代(アラフィフで起業する人が多い)が来るなんて予想もつきませんでした。

10年後のことも少し考えてみる

今が一番大事です。
これは私が半世紀生きてきて出した結論なんですが

でも時々は10年後この仕事出来てるかな?

ってちょっと考えてみてください。

私は・・・
自分が60代になってワードプレスレッスンをやってるとは思えないんです。

でもね、一応「将来こんなこと出来たらいいな」ってことは考えてますよ。
まだ空想の段階ですけどね(笑)

-50代起業, アラフィフ, サロン
-, ,

Copyright© 自宅サロンのホームページと写真撮影・ワードプレスレッスン。東京町田ecru(エクリュ) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.