50代起業 アラフィフ コラム

勝てる土俵を見つけるということ。

2019年9月17日

今日はとある整骨院様の撮影に行ってきました。

撮影の仕事って主に出張なので正直疲れます。
でも、とっても楽しいお仕事。

写真のエクリュのHP

どうしてかというと
私がバシャって撮影して
カメラのモニターでお見せすると

「わ〜!きれい!」とか

「うわ〜〜!すごい!」とか

本当に感動してくださいます。

カメラが全部やってくれることなんですが(汗)
それでもこんなことで、こんなに喜んでもらえるなんて!

私の方こそ「ありがとうございます!」

とお礼を言いたいぐらい。

市場(しじょう)をずらすということ

いちば・・じゃなくて
市場(しじょう)をずらすと爆発する!

とある講座で習いました。

なるほど・・
これはまさに私のカメラの仕事に当てはまります。

私、一応プロのカメラマンって名乗ってますが
特にどこかで勉強したわけでも
ましてや偉い先生のアシスタントをしたこともありません。
(一般の写真教室には行きましたが・・・)

写真を真剣に大金をかけて習ったという
本当に腕のいいフォトグラファーさんとは

月とスッポンぐらい
知識の量もカメラのグレードも
もちろんセンスも敵わないかと思います。

でもそんな方々と圧倒的に違うのは
サロンや整体院などの撮影の経験値です。

早くからここに特化して撮っていたので
場数だけはそこらのフォトグラファーには負けません。

たとえば写真展やコンテストに
入選するようなすごい写真は撮れませんが

整体院・エステサロンさまには喜んでもらえる写真が撮れる。
自分で見つけた市場で価値を見出してくれる人に喜んでもらえればそれでいいんです。

スキルアップはもちろん大事です。
でもそれより今の自分をそのまま売り込める市場を探す!

ビジネスを始めるからには
みんなと同じではなく自分にしかできない、
自分が輝ける市場を見つけられれば成功する可能性が高いです。

もしどうしてもそれが見つけられない・・・
なんて方は相談も承っています。

起業相談







CATEGORIES & TAGS

50代起業, アラフィフ, コラム, ,

Author:

お問い合わせ・お申込み

 090-1656-1032

ホームページのこと・起業相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご提供メニュー

WordPressマンツーマン対面
ワードプレス操作方法

50代からの起業
メールマガジン